【士業の方必見】紹介を貰うために一番大切なこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回の記事では、先に答えを言いますね。

紹介を貰うために一番大切なこと、
それは…

すっごく当たり前なんですけど…

「紹介してください」と伝える。

ということです。

特に営業の経験のある方は心の底から

「そんなこと知っとるわ!!」

と思ったことでしょう。

でも、
経営者の方や起業したての方は
意外と出来ていないんですね。

紹介はあなたが何も行動しなければ
基本的には貰えないんです。

仕事がら多くの士業の方に
お会いするのですが

「新規集客はどうされてるんですか?」

と聞くと、だいたい

「紹介です」

という回答が返ってきます。

それは素晴らしいことなんですが、
じゃあ現在の紹介からの集客で
満足しているのかというと
また別の話。でしょ?

もっと紹介を増やすためには
どうすれば良いんでしょうか。

もちろん先に述べたように

「紹介してください」

と口に出して伝えることが
とても大事なことなんですが
ここにひとつポイントがあります。

そのポイントは

紹介してほしい人を
明確に伝えること。

ほとんどの人はあなたが例えば
「司法書士」とか「社会保険労務士」
だということは知っていても

あなたがどんな人を紹介してほしいのか
そこまでは理解していません。

例えば
「紹介してください」と伝えられた人が
あなたの力になりたかったとしても

誰をあなたに紹介したら良いのか
わからなければ紹介できません。

ですよね?

だから
紹介して欲しいと伝えるときは

「〇〇で困ってる人がいたら
 紹介してください」

と、〇〇のことをできる限り
明確にして伝えることが
と〜〜〜っても大切です。

そして余力のある方のために
さらに紹介を増やすワンポイント。

もし、
紹介して欲しいと伝えた人に
誰か心当たりがあったとしても

その人があなたのことを
何て伝えたら良いか分からなければ
紹介には繋がらないのです。

「あの社労士さん、
なんか多分あんたに良さそうやけん
試しに会ってみらんね 」

なんていう展開はほぼありえません。

だからこそ、「紹介してください」と
お願いするのなら例えば、

「〇〇で困ってる人がいたら
 ぜひ紹介してください!

 そしてもしそういう方がいたら
『知り合いの(あなた)さんが
○○にはすっごく詳しいから
一回会うだけ会ってみたら?』

 と伝えてもらえませんか?」

といったように、
紹介のスクリプトまで伝えましょう。

もちろん、後半の部分は
あなたに合った形に変更して。

紹介からのお客さんは最高です。

最初からある程度あなたに対して
敬意を払って話を聞いてくれます。

成約率が高いのはもちろんのこと
クレームの発生率もとても低く
かなり気持ちよく付き合えます。

そんな優良な
「紹介からのお客さん」。

あなたも欲しいですよね?

欲しいと思うのであれば、
紹介して下さいと頼むこと、
そして、

「どうすれば紹介者にとって
あなたを紹介しやすくなるのか」

よくよく考えてみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

集客アイデア、配信中!

武田のメルマガを読みませんか?

・自己紹介するだけで受注が取れるテクニック
・お客さんを減らして利益を増やす方法
・欲しい!と言われるマーケティングのノウハウ
・広告費ゼロでもお客さんを集める秘訣

などなど、
あなたの集客と利益アップに貢献するメルマガを配信中!

さらに今なら…

ウェブセミナー動画
「あなたの周りをファンでいっぱいにする方法」
もプレゼントしています!

ストレスなくお客さんを集めて、
さらには単価を上げるために
何をどうすれば良いのか。

7分ちょっとの短めの動画ですが、
もしあなたが動画の学びを愚直に実践したら
1年後は凄いことになります。

メルマガだけでなく、
必ず動画もご覧くださいね!

さてさて、
まずは以下のボタンをタップして
必要情報を入力してください!

メールで集客アイデアを読む!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*