高単価商品でもおトク感を出して喜んでもらう7つのアイデア

「お客さんは知覚価値
(=お客さんが感じている価値)
によって適正価格を自分で決めている」

というのは以前の記事でお伝えした通りです。
(以前の記事が気になる方はコチラ

だからこそ、
高単価商品を購入してもらうためには
知覚価値を高めることが大切

なのです。例えば…

続きを読む

【武田はどんな人?】ごあいさつ

こんにちは!
当ブログ主催者の武田健人です。

僕はWeb集客、特にSNSによる集客を得意分野とする
マーケティングコンサルタントをしています。

若さと憧れと勢いで起業した結果…

ギャンブル依存症からくる対人恐怖症に苦しみ、
大学を中退した僕。当時は学歴コンプレックスの塊で

「この学歴コンプレックスを振り払うには
 起業して成功するしか道はない…!! 」

と考えていました。
(今思えばなんて短絡的な…汗)

25歳の時に親の商材を扱い「武田商店」という屋号で
憧れていた初めての起業をしました。

ドキドキワクワクしながら税務署で開業届けを出した
あの日のことを今でもよく覚えています。

続きを読む

お客さんに「高い!」と言われたら【価格設定と知覚価値】

あなたはどういった基準で
商品の価格を決めていますか?

価格の決め方として

1、原価をベースとして
粗利を計算して決める
2、業界の平均値から
「だいたいこのくらい」で決める

以上の2パターンは
とてもよくありがちです。

実はこの2パターンには
共通した欠点があるのですが、
お気づきでしょうか。

実はどちらも…

続きを読む