武田オススメSNSと活用の方針

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「オススメのSNSってなんですか?」

割りと頻繁にいただくこの質問について今回は回答します。
僕はいつも、2つの回答をしています。

1、「一通りのSNSに登録して下さい」
2、「メインで使うSNSはあなたの商品とターゲット層で決めて下さい」

僕はSNSマーケティングにおいて、
一通りのSNSに登録してあまり労力をかけずに
投稿だけしておきながら

ひとつのメインとなるSNSに注力して
マーケティングを行っていく
というやり方を推奨しています。

順番に説明していきますが、
その前に今回の「一通りのSNS」とは
以下の5つとします。
Facebook
インスタグラム
ツイッター
Google+
(Youtube)
※Youtubeは少し特殊なので、括弧付けしています。

SNSは連携させ同時に投稿させることができます。

例えば、
Facebookはインスタグラムに
インスタグラムはFacebook、ツイッター、アメブロに
ツイッターはFacebookに
連携して同時投稿させることができます。

ちなみに
アメブロはFacebook、ツイッターに
ワードプレスはFacebook、ツイッター、Google+に
連携させることができます。

そこで、

1、まずは一通りのSNSアカウントを作成します。

あなたがワードプレスを使っている場合は
ワードプレスにFacebook、ツイッター、Google+を連携させます。

ワードプレスを使っていない場合は
インスタグラムにFacebook、ツイッター、アメブロを連携させます。

これで、投稿をした時に他のSNSにも投稿されるようになりました。

2、メインで使っていくSNSを決めます。

あなたの商品は写真映えするものですか?
あなたの商品は文章で説明出来るようなものですか?
あなたの商品は分かりやすいサービスですか?

あなたの商品の主要ターゲットは
若い方ですか?それとも30代〜それ以上の方ですか?
男性ですか?女性ですか?

実は
個人的には、ゼロから始めて柱として運用できるSNSは
3つしかないと僕は考えています。

それはFacebook、インスタグラム、Youtubeです。

この3つの中からあなたが
メインで活用していくSNSを決めます。

あなたの商品が写真映えするものであるや、
動画で魅力を訴求できるものである場合は
インスタグラムかYoutube。
例.
食品、服、花、ペット

あなたの商品が文字で説明するのが
難しい商品ならばYoutube。
例.
企業向けの機械製品、マッチングサービス

また、
あなたの商品が女性向けならば
インスタグラムが強いですし、

経営者やビジネスマンが対象ならば
Facebookが向いています。

SNSマーケティングはSNSによって行うべき施策、
キャンペーンが変わります。

全てを個別に対応しようとすると
とんでもなく時間と手間がかかりますし、
そうすることでひとつひとつの施策が
浅く甘くなってしまっては意味がありません。

あなたの商品やターゲット層から
メインとして使うSNSを決定しましょう。

ちなみに、
SNSの連携で全てのSNSに投稿しても、
ただ連携の記事を積み重ねているだけのSNSで
フォロワーがドーンと増えることは
滅多にありません。

ですが、
それぞれに違う層が利用しているため
思いがけないコメントや意見、
今までに想像もしなかったような気づきが
もたらされることがあります。

なので僕自身は
広く浅く全てのSNSに投稿だけしておくことにも
価値があると考えています。

まとめ
SNSは一通り登録して連携し、全てに記事が投稿されるようにしましょう。
あなたの商品やターゲットから、メインで使うSNSをひとつだけ選定しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

武田のインスタ講座 無料配信中!

武田の人気セミナー

「インスタフォロワー1000人を
 達成する5つのステップ」


無料配信中!!

福岡市と提携しスタートアップカフェにて
起業家にもお伝えした内容を
あなたに無料で提供します!

□インスタを集客ツールの柱にしたい!
□インスタの正しい運用方法を知りたい!
□SNSで情報発信始めたい!
□広告費をかけずに集客したい!
□コアなファンを作りたい!

上記にひとつでも当てはまったなら
あなたは絶対に見るべきです。

もともと、
事業の集客をインスタ1本で行っていた
僕のノウハウを出し惜しみせず
公開しちゃいました。

ダウンロードのワークシートを使えば
インスタフォロワーを1000人にするために
これからやるべきことが明確に!

ぜひ以下の緑のボタンから必要情報を入力し、
セミナー動画をご覧ください!

あとここだけの話、
頑張ってワークシートまで作成した方には
武田からご褒美があるかも…?

セミナー動画を見る!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*