【2018年版】情報発信にオススメのメディア【強み弱み】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広告費をかけずに集客するために
SNSとブログは必ず
活用する必要があります。

今回はあなたが情報発信に使うべき
オススメ7つのツールを
強み弱みとともにご紹介!

重要度の高い順に紹介していきます。
(業界やお客さんによっても前後します)

1、ブログ(ワードプレス>アメブロ>>>他のブログ)

2、Facebook

3、Youtube

4、インスタグラム

5、LINE

6、ツイッター

7、(Google+)


1、ブログ

強み SEOに強い
   カスタマイズできる
   SNSに同時投稿させることができる

弱み ワードプレスの設定はかなり難しい
   アメブロは商用利用NG

ブログはワードプレスかアメブロです。
色々な比較サイトがありますが、
SEO性(ネット検索に対する強さのこと)や
ユーザー数、汎用性の高さを考えると
上記の2つは圧倒的です。

そうなると
ワードプレスとアメブロのどちらを使うべきか
ということになりますが、
ワードプレスが全体的にアメブロを上回っていますので
オススメはワードプレスです。

ただし
ワードプレスはスタートするのに
専門的な知識が必要です。

ブログとして使うためには、
専門業者に依頼してベースを
作成してもらう必要が有ります。

よって、
ワードプレスの知識がなければアメブロ
ということになります。

ブログはプル戦略の要となる
SEO性を重視しています。

積み重ねれば積み重ねるほど
差が出てくるからこそ、できれば
ワードプレスを導入したいところです。

お得な業者さんを紹介することはできますので、
興味のある方はお問合せください。

ちなみに、アメブロは商用利用はNGです。

アメブロでセールスをするとある日突然
アカウントが使えなくなることがあります。

アメブロをメインで使う場合は、
セールス等明らかな営利活動をする場合に
別途ページを作成する
ようにしましょう。

2、Facebook

強み 多くのビジネスマンが利用している
   簡単に個別メッセージを送信できる
   非常に強力な広告ツールがある
   アクセス解析ができる

弱み 広告が増え、反応率が下がってきている
   SEO性は非常に低い(記事に対するSEO性は無い)

SNSの代表格であるFacebook。

ビジネスで利用する場合は、
個人のアカウントとは別に
商用アカウントを作成できますので、
そちらを利用しましょう。

ブログと連携させておけば
自動的に記事が更新されますので、
プル戦略のツールとしてのみ利用する場合は
ほとんど放っておいても
それなりの活躍をしてくれます。

ビジネスマンは特に利用者が多いのも
Facebookの特徴。
あなたのお客さんの層によっては
非常に強力なツールになります。

また、
Facebookの広告は
「ネット広告の革命」と言えるほど画期的
です。

具体的に言うと、
広告の対象を
「どこに住んでいる、何歳の、男性(or女性)の
何が趣味で、どんな仕事をしてる人に…」
といったレベルまで絞り込める
ので
成果が上げやすくクリック単価も安めです。
(よくわからない方は「ネット広告はFacebookがすごいんだ」くらいで大丈夫です)

SNS集客に慣れてきたら、
Facebook広告も是非利用したいところですね。

3、Youtube

強み SEO性が強い
   パーソナリティを強く訴求できる
   複雑なサービスを動画で簡単に説明出来る
   投稿した動画はブログや他のSNSでも力を発揮する

弱み 動画を作成する必要がある

昨今は「テレビよりも見られている」と
言われているYoutube。
利用者数はどんどん増えています。
あなたもきっと利用したことがあるでしょう。

現代の消費者は自分にとって
興味のないことを面白おかしく放送するテレビよりも、

「自分にとって興味関心のあることをYoutubeで探す」

という人が増えています。

なんせYoutube版の芸能人、
「ユーチューバー」という言葉が
一般的にも認知されるほどですからね。

動画を作成するのは
ハードルが高いように感じますが、
案外難しくありません

というのも、テレビのような
ご立派な動画にする必要はないのです。

むしろYoutubeではある程度
素人が作ったような動画の方が
受け入れられやすい
傾向があります。

文章だけでは表現しづらい
あなたやあなたの会社の
個性が表現しやすいのも動画ならでは。

さらにさらに、
YoutubeはGoogleの傘下なので、
SEO性が非常に高い
ということも
強みのひとつです。
これは本当に大きな魅力です。

Youtubeもぜひマーケティングツールとして
利用してください。

4、インスタグラム

強み 写真の訴求力が強い
   プッシュ戦略的な使い方ができる
   アクセス解析ができる
   広告ツールが優秀である

弱み 長い文章は読まれづらい
   投稿画像が正方形である必要がある
   SEO性はほぼない

若い女性に人気のインスタグラム。
もしあなたの扱う商品の
ターゲットが若い女性で、
さらに写真映えする商品なら大チャンス!!
絶対に使わない手はありません。

ちなみに、
実際に若い女性をターゲットにした
企業や業者も多く参入してきています。

ということは
「若い女性をターゲットにした企業や業者」も
ターゲットになる
ということです。

他のSNSと比べて、より画像の重要度が高く
世界観が重視される
のもインスタグラムの特徴。

ここのところ急速に普及し
「インスタ映え」
という言葉をテレビでも当たり前に
耳にするようになりましたね。

また、
ハッシュタグというものを使って
興味のありそうな人をこちらから探し出し、
アプローチができるというのもインスタグラムの強み。
お金をかけずにプッシュ戦略がとれるのも
インスタグラムの魅力です。

5、LINE

強み 日本では大半が利用している
   メッセージの開封率が非常に高い

弱み 簡単にブロックされてしまう
   長い記事は読まれない

マーケティングツールとして
LINEを利用する場合は「LINE@」という
LINE公式のツールを利用する
ことになります。

どちらかというとメルマガに近いので
ここに入れるか悩みましたが、
一応SNSということで…^^;

LINEでの配信の強みは、
メルマガと違って非常に高確率で開封される
ということです。
(「読まれる」ではなく「開封される」なのですが)

ただし、情報を一方的にお届けするような
メール的使い方はあまり歓迎されないのも
LINEのポイント。

メルマガのような長文を送りたい時には、
本文は短めにしてリンクを貼る
ことを
オススメします。

LINEはお客さんとのコミュニケーションの場
として用いるのが効果的です。

あまり頻繁に送りすぎると
ブロックされてしまうので
気を付けましょう。

6、ツイッター

強み 若年層の利用者数が多い
   プッシュ戦略的な使い方ができる
   拡散性が強い

弱み ツイートの文字数に制限がある
   SEO性はほぼ無し

若年層に利用者が多いツイッター。

原則として
投稿文字数は最大140文字という縛り
があり、ツイッターを集客ツールとして
運用したいのであれば
ブログとの連携だけでなく、
ツイッター用に定期的に投稿(つぶやき)
をしていく必要があります。

リツイートという機能のために、
拡散性が他のSNSと比べて強いのも
ツイッターのポイントです。

7、Google+

強み SEO性がある
   Googleの様々なツールと連携できる

弱み 日本では利用者数が少ない

日本ではあまり馴染みのないGoogle+。

利用価値はないと思われがちですが、
Googleのサービスであるが故に
Google検索においてSEO性があります。

インターネットの王様、Google。
SNSは移り変わりが激しく、
何かをきっかけにGoogle+の勢力が
一気に拡大することも
十分に考えられます。

投稿はブログと連携させられますので
自動投稿だけされるようにしておいて
損はない
でしょう。


以上7つのツールについて説明しました。

この中からあなたに合うものを…
ということではなく、
(ほぼ)全てを使ってみる
ことをオススメします。

特に
広告費をかけないWeb集客では
ブログの利用は必須
ですので、
ブログに連携させることができる
Facebook、ツイッター、Google+を
利用しないのはもったいない
です。

Youtubeは強い訴求力を持っていますし
インスタグラムは商材とマッチすれば
強力なツールになります。

あなたの商品はどんな層に
支持されているのかリサーチした上で
優先順位を決めて取り組み
ましょう。


まとめ

情報発信にブログは必須(できればワードプレス)。
広告費をかけないために、SEO性を意識する。
SNSは媒体によって性格が違い、使い分けで効果が上がる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

武田のインスタ講座 無料配信中!

武田の人気セミナー

「インスタフォロワー1000人を
 達成する5つのステップ」


無料配信中!!

福岡市と提携しスタートアップカフェにて
起業家にもお伝えした内容を
あなたに無料で提供します!

□インスタを集客ツールの柱にしたい!
□インスタの正しい運用方法を知りたい!
□SNSで情報発信始めたい!
□広告費をかけずに集客したい!
□コアなファンを作りたい!

上記にひとつでも当てはまったなら
あなたは絶対に見るべきです。

もともと、
事業の集客をインスタ1本で行っていた
僕のノウハウを出し惜しみせず
公開しちゃいました。

ダウンロードのワークシートを使えば
インスタフォロワーを1000人にするために
これからやるべきことが明確に!

ぜひ以下の緑のボタンから必要情報を入力し、
セミナー動画をご覧ください!

あとここだけの話、
頑張ってワークシートまで作成した方には
武田からご褒美があるかも…?

セミナー動画を見る!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*